<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大正ロマンチカ *** 12巻感想 | main | ある日の朝ごはん *** 全粒粉のパンケーキと、ポトフ >>
オレ嫁。〜オレの嫁になれよ〜 *** 7巻感想






すみません。7巻もギリギリですみません。
 



 



ごめん

私もう我慢なんてできない

今すぐに



前君を私のものにさせて・・・







7巻開いてすぐに夏祭りイベントがあるのですが
浴衣に着替えたひなたが前を誘うも「俺はいい」と一言。

「そっ そう言わずにっ・・・」とあせったひなたが下駄でつまづいて前の上に倒れこみ
ひなたの下敷きになった前が「ばかっ」と叱りながら目を開けると目の前には


浴衣がはだけた胸を前の上に押し付けながら赤面うるる顔で



「・・・ね ダメ?」



どわぁぁぁぁぁ


ダン!!もう確信犯だろコレ!!




やぁ〜オレ嫁のラッキーすけべ率はとんでもないですね。

7巻だけでも乳押し付ける系が2回ありますし、そうじゃない系もいろいろありますし・・・


しかもね、


ラッキーすけべ発生ポイントがいつもすごくわかりやすい!



前がひなたの下敷きになった時点でもうわかるんです。

あーこれくるなー

って。

で、ページめくると、やっぱりぜったいやってくれるんです。



雨が降った時点でわかる。

あーこれ透けるなー

って。



ひなたが浴衣で乳押し付けた時点でわかる。

あー夏きたなー

って。


世間一般の夏の風物詩が夏祭りならば、オレ嫁の夏の風物詩は

ひなたが浴衣で乳押し付けながら「・・・ね ダメ?」

なんです。

季節をお知らせする重要な行事なんです。

季節の変わり目にひなたのラッキーすけべあり!

なんですよ!!




ストーリー展開にしたってそうです。


毎度毎度ケンカして

仲直りして

イチャイチャがはじまって

いいとこまでいって

寸止め



なんです。


でもいいんです。


毎回ラストで印籠をかざしてハハァーとなる繰り返しの水戸黄門スタイル

でいいんです。


なんやかんやありつつも最後はみんなで食卓囲んで

ワハハと笑ってタマがニャーと鳴くサザエさん


でいいんです。



どうしようもないバカップルな前とひなたが見れればわたしは幸せ!


というわけで7巻も展開わかっていながら全力で叫ぶんだ!



ぶひぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!





6巻の感想はコチラ→





【 前前前君スパークル!! 】


6巻のラストで感情のままにひなたを傷つけてしまった前。

もしまた傷つけてしまったら、今度こそひなたを失ってしまうんじゃないかと
ひなたに触れるのが怖くなってしまう。

それでもお祭りの夜、ひなたから「触れて?」と言われていい感じに・・・

なのに、どうしても「こーちゃん」の存在が気になって・・・

ひなたの顔を両手で包んで自分のほうに向かせても

赤面とろけ顔でキス待ちしてても

その瞳の奥にある

決して自分には超えられない「存在」


これ以上進む前に、どうしても確認しておきたい

確認せずにはいられない・・・



「ひなた 一つだけ聞きたいことがある」


「お前の・・・ひなたの初恋は・・・」



「岩谷航・・・なのか?」





聞いちゃったぁぁぁぁぁ・・・


あえてキス待ち中に聞かなくてもってやつ!

でも聞かずにはいられないってやつ!!



もうどんどん前が重い彼氏になっていくんです!


そしてその重い愛が

とんでもない化学変化を生み出す・・・!!




思いがけない前の言葉に、
もしかしてずっと自分とこーちゃんの関係を気にしていたのかな
と気づくひなた。(←やっと!)


あの時様子がおかしかったのも

私が不安にさせてたから?

だとしたら、本当のことをちゃんと伝えなければ

と、ある場所に前を呼び出す



「ここで私 こーちゃんと出会ったの」


「私の初恋は」


「こーちゃんだよ」




穏やかに話しはじめるひなた

幼い頃、島に伝わる「真実の愛が見える場所」を探していた時に
こーちゃんと出会ったこと

(見つけちゃった・・・)と、一瞬で心がこーちゃんでいっぱいになってしまったこと

ずっと憧れの存在だったこと・・・


「でも・・・今は・・・」


「今の私が恋してるのは」




「前くんなの!」




想いが溢れて仕方ないといった赤面うるる顔で
前に伝えるひなた


「お願い これだけは信じて・・・」


そんなひなたの言葉を切なキュン顔で受けとめる前


「話してくれてありがとな」


ゆっくりと、ひなたの方へと足を踏み出す・・・


「俺はお前に出会って知ったんだ」


ひなたの手をとり・・・


「こうやって」

「手を繋いだだけで 嬉しくなるのも」



そして髪に触れ・・・


「やさしく髪に触れて」

「キスしたくなるのも・・・」



髪から唇を離し、熱っぽい瞳でひなたを見つめる


「その高い声を聞くだけで」

「目が合うだけで」

「どうしようもなく胸が高鳴るのも」




「全部 お前が初めてなんだ」




重可愛い


重いよ。可愛いよ。この重可愛さったらないですよ。


「全部 お前がはじめてなんだ」の持つ重さと
それをオレ様ドSかつ生意気な年下の前が赤面しながら言う可愛さ・・・


佐野先生は天才か


しかも自動的に花江くんの声で再生されたので破壊力が倍に・・・



しかもこの表情・・・

どことなく漂うおねショタ感・・・

そう思ったとき、わたしは佐野先生がこのシーンに

とんでもないセリフを隠している

ことに気づいたのです!


そう、隠しているから目には見えない。

けれど

この前の表情に!

「全部 お前がはじめてなんだ」

と赤面しながら伝える前の表情に!

そのセリフをわたしは視た!





「 だ か ら お ね え さ ん 、お し え て 。






言ってるぜったい言ってるこの顔はそんな顔だいじょうぶわたしおかしなこと言ってない
作者の意図を読み取っただけ作者の意図を



普通に読み取っただけ!(必死)




みなさんのオレ嫁7巻はどうだったかわかりませんがわたしが読んだオレ嫁7巻は


間違いなくそうでした!!(力いっぱい)



やぁ〜〜あらためて佐野先生の画力のすごさを感じましたよね。

上の句「全部 お前がはじめてなんだ」は文字で
下の句「だからおねえさん、おしえて」は表情で表現できる佐野先生はすごいです。


そしてそれができるマンガの素晴らしさ!

マンガが持つ無限の可能性に感動です!!



この国に生まれてよかった

この時代に生まれてよかった

この地球(ほし)に生まれてよかった



この太陽系に生まれてよかった・・・!




そしてこのあとさらに、前のどうしようもない重可愛さが 加速・・・!!



「俺の初恋はひなた・・・お前だ」


「でも・・・」


「お前の初恋は違う」


「しようがないことだってわかってる」


「・・・だけど」


「不安になるんだ」


「またあいつを好きだった時の気持ちを思い出して」


「俺から離れてしまうんじゃないかって・・・」



うつむいて、手で隠されたその表情は、見えない

けれど絞り出すように


「ほんと何も成長できてねーよな」


「いつまでもガキで・・・ごめん」



こんなこと言いたいんじゃない

でも

わかっているのにとめられない


「・・・わかった もう こーちゃんには会わないよ」


そんなこと言わせたいんじゃない

でも

違うって言えない




なんという愛おしい生き物


こんな繊細で複雑で愚かな感情を持ってる生き物は
地球上で人間だけではないでしょうか。(いきなり壮大)

なんという貴重な感情なのでしょう。

ハッピーエンドは決まっているのに、水戸黄門なのに、

自ら闇へと堕ちてゆく

そして

もがく



RADWINPS風に言うならば


まだこの世界(佐野先生)は僕を飼いならしてたいみたいだ

望み通りいいだろう 美しくもがくよ


ですよ!!



何度躓いたっていい 何度転んだっていい

それでも起き上がるのなら

その先にはかならず

ハッピーエンドが待っているのだから!!



そしてわたしはその都度

全力で



見守っていくんだ!!!!!!!!







【 こーちゃんついに・・・反撃開始!! 】


これまではどちらかというと、ひなたを優しく見守ってきたこーちゃんでしたが
ついにその想いが爆発!!

優しいだけの幼馴染なんかじゃもう・・・いられない・・・!!


前のためにこーちゃんを避け始めるひなたに

こーちゃんの壁ドンが炸裂!!


「なんで俺を避けるの?」


そして赤面しながら苦しそうに


「俺・・・何かひどいことした?」


(ぐ、ぐはっ・・・)
(苦しそうにするこーちゃんが予想を上回る破壊力・・・)


そして


「お願い・・・もう私に近づかないで・・・」


と突き放すひなたの言葉が

さらにこーちゃんに火をつける・・・!!


「前君の隣がひーちゃんらしくいられないなら」


「俺がひーちゃんをさらうよ」




(こ、こーちゃん!!)


そして、これまではひなたに対して強引にすることなんてなかったのに
ひなたの腕をひっぱって、ある場所に連れていく

そこには・・・

まるで海に降り注ぐかのようにたくさんの流星群が・・・


「覚えてる?小さい頃も2人で見たよね」


「7年間 ひーちゃんを忘れたことはなかったよ」


「食いしんぼのひーちゃんだからお腹こわしてないかなとか」


「結構ムチャするからケガしてないかなとか・・・」



そして赤面しながら切なそうな顔で


「彼氏ができてたら」



「嫌だな・・・とか」




ぐはぁぁぁぁぁぁぁぁ


なにこの切なタレ目イケメぇぇぇぇぇぇン



ツリ目の前とはまた違ったタレ目のわんこっぷり

もうこーちゃんの切ない顔の破壊力が想像以上で

しばらくページめくれんかったですわ!!



いろんな佐野男子が見てみたいと思っていましたけれど
前みたいなオレ様ドS男子もいいですけれど、タレ目わんこ男子も相当な破壊力ですね!

これ、佐野先生が腹黒わんこ系男子とか描いたらとんでもないことに・・・



そしてそんなタレ目わんこ顔で


「もう一度この星空を2人で見れたら言おうと思ってた・・・」


(こ、これは・・・)


「俺・・・」


(つ、ついに・・・)


「ひーちゃんのこと・・・」


(く、くるか・・・)



「あっ 大変!もう遅い時間だよ!?」



寸止めええええええええ



7年間も想いを募らせて、こんな最高のシチュエーションまで用意して
それでも寸止めされてしまうなんて・・・

気づかざること鈍感ヒロインの如しならば

聞きたくないことを寸止めするのも鈍感ヒロインの如し



鈍感ヒロインとはまっこと恐ろしい生き物よ



しかもこの時のひなた、

時計なんてしてないのに腕時計見るというとんでもない三文芝居

してますからね!


さらには、早くこの場から去らないとと焦るあまり


腕時計見る(フリ)

慌てて振り返って走り出す

目の前は崖

走るスタイルで一瞬宙に浮く

落下

というドリフなみのコントを披露!

結果、

ひなたを抱きしめて一緒に落ちたこーちゃんと山小屋で二人きりに!!

しかも雨に濡れて服が透けている上に、こーちゃんは負傷中!!



もうアレが起きる予感しかしない・・・


少コミファンタジーが起きる予感しかしないよ!!



そして

さっき伝えることができなかった寸止めの続きを

こーちゃんがぶつける・・・!!




透けてることに気づいて慌てて隠そうとするひなたの両腕をつかんで壁ダン!


からの




「 好 き だ 」




ひえええええええええ

なにこの攻め顔イケメぇぇぇぇぇぇン


タレ目わんことはまた違った攻め顔のこーちゃん

さっきとのギャップでもう完全にこーちゃんに持ってかれましたわ!!




そして告白からの・・・


キス・・・




できず!!



そのまま力尽きて倒れ込んでしまったこーちゃん!



ああああかんこれぇぇぇ

あかん!この流れはあかん!


わたしは密かに期待していたんです。
新はチューすらできないかませで終わってしまったけれど
こーちゃんならその先にいけるんじゃないかと・・・!


し、しかし・・・この流れは・・・


この状況をどうしたらいいのかわからなくて
泣きそうになるひなた。


「前君・・・助けて・・・」


前がプレゼントしてくれたお揃いのネックレスをぎゅっと握り締めながら
名前を呼ぶ


(こ、この流れは・・・)


そして扉がバターンと開いて助けにやってきたのは



「お前が泣いていいのは」

「俺の腕の中だけって決まってんだよ」





ですよねえええええええ(涙)




もう見事なまでの水戸黄門です。

でもわたしは確信しました。

やっぱりこのオレ嫁の絶対的ヒーローは前なのだと。

新海監督は「君の名は。」をつくるときに

「ど真ん中をやる」

と言われたそうですが

オレ嫁のど真ん中、佐野先生の「ど真ん中をやる」は


やっぱり前が絶対的ヒーローであるということなのですよね!





それにしても新に続きまたもやとんでもない被害者が・・・


こーちゃん瀕死だというのにその横で

お互いのネックレス(それぞれがハートの片割れ)をカチっと合わせて

「俺達は2人で一つだ」ですよ!!



もう二人の世界に入ってしまったときのその横のこーちゃん


とんだピエロ!


ただでさえ負傷しているというのに、違う意味でも大ケガ・・・

ほんと、オレ嫁に登場するライバルくんは


とんでもないかませの業を背負わされますね(涙)



またね、合わせてハート型になったネックレスがまぁ素敵!(やかましいわ!涙)







【 なんでもないや 】


というわけで、前くんのモヤモヤもすっかり晴れたと思いきや、
こーちゃんやひなたの祖母から結婚を反対された言葉が胸に刺さってしまうのです。


「ひなたは宝箱の中にしまってしまうより」

「お日様の下でのびのび生きるほうが」

「ずっと幸せだと思わないかい?」



條森グループを背負って立つ自分と、普通の女子高生のひなた

住む世界が違いすぎて、きっと寂しい想いをさせてしまう

笑っててほしいのに、きっと宝物のように閉じ込めてしまう

幸せにしたいのに、ひなたを幸せにするのは自分じゃなきゃ絶対嫌なのに

きっと泣かせてしまう・・・


そして前が選んだ道とは・・・!?




もぉ〜〜〜このラスト2話は

とにかくため息が出るくらい幸せでした〜〜〜(涙)



もう語りたいシーンがありすぎてなにを書いたらいいのかわからないのですが
あえて切りとらせていただくならば、2人のデートのシーンです。


前から誘ったデート。

実はちょっと悲しい理由があったりするのですが、なんだかもうほんとうに2人が可愛くて幸せそうで、
とくにここのところオレ嫁にしては重い雰囲気もあったので、余計にキラキラして見えて・・・


ひなたが大きな口開けておにぎりをほおばるところを写真に撮って

ひなたが「消してーっ」てわたわたするのだけど

ちょっぴりいじわるそうに、でもすごくうれしそうに

「ダメだ すげーかわいいから」

って言ったり


ひなたがスマホを取り上げてその写真を消そうとしたら

写真フォルダにこれまで隠し撮りしたひなたの写真がいっぱい入ってて

「前君これ・・・」って言って振り返ったら前が手で口をおさえながら赤面してたり


隠し撮りじゃなくてちゃんと2人で撮ろうと言うひなたに

「こんなポーズ絶対やだっ!!」って言いつつも

なんだかんだ赤面しながら2人でハートマークつくるポーズしてくれたり


秘密のお花畑でひなたが花冠を編んで前にかぶせるシーンでは

「似合ってる!」

とうれしそうに笑うひなたに

「あのなあ・・・花冠てのは」

と、一輪抜いて、ひなたの耳にそっとかけ


「お前みたいな」


「どうしようもなくかわいいやつがつけるものなんだよ」






しあわせ!!


もう、ぜんぜんぜんぶ、しあわせ!!




なんなんだろうこの幸福感は・・・

そう、きっと、やっぱり、

わたしはこんな2人が見たかったんだ〜〜〜!!



しかもこのあと、このお花畑のベッドで案の定いろいろはじまるんですけれど
次のページ開いたときのひなたの不意打ちセクシーショットに思わず


ちょ、ちょちょ・・ちょぉぉぉぉぉ!!!!!

と部屋で一人で叫びながら一旦マンガふせましたからね!



重度のオレ嫁患者でありながらこの絵は予想してなかった。

ページめくってこのひなたは反則です。ありがとうございます!!


そしてすかさず5巻を引っ張り出してきてあのシーンを読み返す重症な読者。


あ、あのときの勝負下着と違う・・・!

ひなた・・・いつの間に・・・!?!?


やぁーオレ嫁の

ちょいちょいラッキーすけべをはさんでくるキメ細かい読者フォロー

にあらためて感動しました。



そして・・・そしてね、

前が今にも泣きそうな笑顔で言った


「お前にはずっと 笑っていてほしいんだ」




悲しくて笑うのは

前の心が前を追い越したからなんだね・・・!(感動)




(8巻につづく・・・!)







【 あとがき 】


それではラストは
7巻のラストシーンに対してと、次巻予告に対して
この言葉をつっこんでシメたいと思います。


ひなた攻め前受けからのおねショタ展開におしるこ昇天!!

か・ら・の!

オレ様覚醒&逆襲パターンだと・・・!?


たのしみすぎて8時間しか眠れんわ!!






【コミックス】

オレ嫁。〜オレの嫁になれよ〜 全巻セット

 




【試し読み】






関連記事「アラフォー主婦が選ぶ 『私の赤面ヒロインたち』 2015上半期」→
関連記事「アラフォー主婦が選ぶ 『私の赤面男子たち』 2015上半期」→
関連記事「わたしの赤面ヒロインたち 〜冬の赤面甲子園2015〜」→
関連記事「わたしの赤面男子たち 〜冬の赤面甲子園2015〜」→
8巻9巻の感想はコチラ→



佐野先生とアシスタントのみなさま
小学館さまに感謝をこめて・・・ハート




遊びにきてくださりありがとうございます*
「見たよ〜」とポチっとしてくださるとうれしいです^^
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
一部のJC、JSから「マンガのおねえさんに会いたい」と言われてると聞いて
手で口をおさえながら感極まったわたしです。
マンガのおねえさん・・・なんだかうたのおねえさんみたいで素敵・・・
マンガ描いてないけど・・・ただ読んでるだけだけど・・・マンガのおねえさん・・・
おねえ・・・さん!?!?



 
いつもブログ楽しく見させてもらってます!

やはりおしるこさんのオレ嫁。の感想は最強です…!というよりおしるこさんが最強ですね!!
もう、もっとずっと読んでいたいと思う位面白くて楽しい時間を過ごさせてもらいました(*^^*)
5巻を引っ張り出して確認は笑いました!さすがです!

7巻は珍しく重苦しい巻でしたね。私も最後のデート編を見て、あぁ…これが見たかったのよ…!!と思いました!やっぱり幸せイチャコラ前ひなが欲しいんだと!
こーちゃんごめん…(笑)
例え二人の噛ませ犬という被害者が増えようと、私は二人が幸せそうに笑ってくれればもう何でもいいや(おいっ)と…。

前は絶対的ヒーロー…!確かに!

そして8巻も発売間近ですね!
とても楽しみです!※おしるこさんの感想含め…
ぽん | 2016/10/25 11:38
ぽんさん\(^O^)/

いつも読んでくださってありがとうございます(*^^*)

さ、さささ、最・・・!?!?
もう、もう、こちらこそそんなに楽しんでもらえて、最強に感激です(≧0≦)
ぽんさん天使!!


幸せイチャコラ前ひな(笑)
やっぱりぽんさんもデート編で、ああこれが見たかったと思ったのですね(≧∇≦)
はぁぁすごくわかります〜〜〜
ほんとうに6巻後半から7巻前半は苦しかったですよね。
その分、デートとラストに救われました!
しあわせでした〜〜(*^^*)



>例え二人の噛ませ犬という被害者が増えようと
>私は二人が幸せそうに笑ってくれればもう何でもいいや(おいっ)と…。


ぽ、ぽぽぽ、ぽんさんなんてことを・・・!

でもそうなんですよね、新とこーちゃんはほんとうに気の毒ですけれど(涙)

でも・・・それでも・・・

前とひなたの幸せイチャコラ見せられたらもうこっちだって
横にいる瀕死のこーちゃんとか目に入らな(おい)



ラストのひなたの
「だったらその100倍・・・」
のシーンもすごくかっこよかった〜^^
あのキリっとしたキュートな笑顔にもってかれました〜

佐野先生のここぞという時のキメ顔力、ほんとすごい!

オレ嫁の絶対的ヒーローは前だけど、前の絶対的ヒーローはひなたですね^^



8巻、あした発売ですね(≧∇≦)
感想もたのしみにしてくださってうれしいです!(涙)

そして8巻もギリギリですみません(先に謝っておくスタイル)

おしるこ* | 2016/10/25 21:02
返信していただきありがとうございます!
またしても密かに催促してしまったのがバレましたか!?(;´▽`A``

勿論おしるこさんの手加減の無い(褒めてます!)オレ嫁の感想も凄く楽しみですが
それ以外の記事にも、とても楽しくそして和ませていただいてます!おしるこさんのブログ大好きです!
疲れた時にも、のぞきに来てはホっとさせてもらってます(*^^*)

もうおしるこさんの大ファンです!




『横にいる瀕死のこーちゃんとか目に入らな(おっい)』…さすが、容赦ないです(褒めてます!)
もうそのシーン見る度ふき出してしまいそうになります…(笑)

でも確かに、佐野先生の描く当て馬キャラは魅力的で…だから余計に扱いが可哀想に思えてくるのかなぁと…
いつか佐野先生の作品で、人間関係が複雑または当て馬が深く絡む話が見てみたいですね!



ひなたのキメ顔…凄く解ります!
可愛いのにカッコいいあの絶妙なバランスは本当に素晴らしいです!
男の子のキメ顔にも毎回心臓を打ち抜かれます…!

近々オレ嫁は100万部を迎えるかもらしいので、一読者としてとても嬉しいです!

…8巻ではいったいどんなラッキースケベが待っているのでしょうね…
ブヒブヒ…o(^^o)(o^^)oブヒブヒ…

はっ、つい長くなってしまいました!
本格的に寒くなってきましたので、お体に気をつけてくださいませ!
オレ嫁8の感想も気長にこっそり楽しみにしてますね!
またコメントさせていただきます!(*⌒∇⌒*)
ぽん | 2016/10/26 07:35
こちらこそありがとうございます(*^^*)

だいじょうぶですよ!催促ありがたいです(涙)


ひ、ひええええええ(≧0≦)
そんなに楽しんでくださって、好きになってくださって、もう・・・もう・・・

オレ嫁8巻より先におしるこ昇天いたしましたっっっ!!!!!!!(感涙)

しかも疲れた時にのぞきにきてはホッ・・・!?!?

このブログにそんな作用が!?!?

ブログ続けててよかった。。。オレ嫁の感想書いててよかった。。。
ぽんさんがこのブログを見つけてくださってよかった〜〜〜(涙)

ありがとうございます(*^^*)
こちらこそ、ぽんさんのコメントに癒され、楽しませていただいておりますよ♪





そうなんですよね〜
佐野先生の描く当て馬も、主人公並みに魅力的な子ばかりなので
すぐ退場してしまうのがほんとうにもったいない!(涙)

男の子がいっぱい出てきたほうがウケがいいのもすごくわかるんですけどね〜
かく言うわたしも逆ハー展開も大好きですもの!

はぁぁ、でもほんとほんと、ぽんさんのおっしゃるように
佐野先生にはいつか、もう10巻くらいかけて三角関係とかじっくり描いてもらいたいなぁ^^
はぁぁ間違いなくわたくし昇天いたしますよ!


やっぱりぽんさんもひなたのキメ顔にやられましたねっ(´w`*)
あれはほんとうに絶妙なカッコ可愛さでしたよねっ♪

そう!心臓打ち抜かれるって言葉がぴったり〜〜^^
ある意味、絵が上手いとか、そういうのよりもすごい気がします〜〜

100万部ですか・・・す、すごい・・・!
オレ嫁を好きになって最初の頃とか、感想文を書いてても孤独を感じることもあったのですが
オレ嫁が大好きな人いっぱいいるんだ〜〜〜ってわかってうれしいや。゚(゚´Д`゚)゚。





>ブヒブヒ…o(^^o)(o^^)oブヒブヒ…

ぽ、ぽんさん・・・か、可愛・・・

は、ハイハイ!わ、わたしもやってみてもいいですか!?





ブヒブヒ…o(^^o)(o^^)oブヒブヒ…








パァァァァ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*






はぁぁこれなんだかすごくほっこりしますね・・・(〃∇〃)

ブヒのレパートリーがこれ→( ´(00)`)しかなかったもので(笑)
ほかにもほしいなぁと思っていたのでした(どうでもいい悩み)

ぜひわたしも使わせてくださぁぁぁい



8巻はどんなラッキーすけべが待っているんでしょうね ブヒブヒ…o(^^o)(o^^)oブヒブヒ…←すけべ待ち

7巻ラストの続きなら間違いなく大ラッキーすけべ、いえ、
オレ嫁ならぬエロ嫁がお待ちかねなはず!

いつでも昇天できる心構えで開きますよ!

というか、今8巻のオビ見てるのですが、な、なんだか佐野男子がいっぱい・・・
そして裏めくったら・・・前が・・・前が・・・

わたくし、違う意味で昇天しそうです・・・!!




温かいお言葉をありがとうございます(*^^*)
ぽんさんも暖かくしてお過ごしくださいね♪
そして一足先にオレ嫁8巻で心もほくほくしてくださいませ^^

ぽんさんのオレ嫁愛を聞かせてもらえてうれしいです。
長いの大歓迎なので、またいつでもお話してくださいね\(^O^)/
おしるこ* | 2016/10/26 20:12
COMMENT