<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ある日のお昼ごはん *** ポテトとりんごのグラタン | main | 富屋珈琲店で、のりチーズプレスサンドセット >>
お江戸結び Ν 浅草寺と浅草神社






行ってみて気づいたのですが

一年でもっとも人が多い時期に参拝するのは、はじめてでした。



 




浅草寺は、母方の氏神様になります。


むかし、現在のレストラン大宮さんがある場所(浅草寺すぐ横)に、

祖母の生家があったそうで、祖母はそこでお店を営んでいたそうです。


今でいうところの、喫茶店。

当時は「ミルクスタンド」とか

「ミルクホール」という名で、親しまれていたそうです^^


当時ペンキ職人をしていた祖父が、仕事で日本橋から浅草へ通っており

そのときによく立ち寄るようになって、祖母と恋に落ちたとか、落ちないとか・・・


まさかこんな身近に、少女マンガ的大正ロマンラブが転がっていたなんて!(笑)

いったいどんな大正ロマンが繰り広げられていたのやら・・・

ここを訪れると、そんな妄想がとまらなくなります^^


そんなわけで、わたしにとっても、幼いころからご縁のある場所なのですが

はじめて気づいたのですが

こんなに混んでいる時期に訪れるのは、はじめてだったようです。。。


どうやらいつも、無意識にか、

混んでいる時期を避けて訪れていたのでしょうか!?



それにしてもお正月の浅草寺とは、こんなにも凄い人なのですね〜〜

写真はこの一枚しかありません。。。(涙)


なんというか、人の想念といいますか

エネルギーのようなものの凄さに驚きました。


神田明神も、日枝神社も、

それはそれはたくさんの人で賑わっていましたが

それでも、しっかりと神聖さが保たれ

とても気持ちの良い空気を感じたのですが・・・


普段はまったくもって、鈍感ヒロイン並に超鈍感なわたしも

さすがに少々あてられてしまい・・・


やはり、観光地化というのも、良いことばかりではないのだなぁと

なんとも言えない想いになったのでした。。。


この想念のようなものが、すべて祈りに変わったら、

それこそ、とんでもない祈りのエネルギーになりそうです。


浅草寺は、聖観音菩薩様、そして、

金龍が住まわれる場所でもあります。

芸も食も文化も風情も、素晴らしいものがいっぱいの浅草。

本来の、民衆にとっての憩いの場、

楽しい場所でありますように^^








浅草寺のすぐ横にある、浅草神社。

三社祭が行われる場所です。



御祭神は

土師真中知命(はじのまつちのみこと)

檜前浜成命(ひのえまのはまなりのみこと)

檜前武成命(ひのえまのたけなりのみこと)



あまり聞きなれないお名前ですが

お隣の浅草寺に祀られている聖観音菩薩様を

隅田川から引き上げたとされている方々だそうです。→


「三社」の由来は、このお三方のことでもあるそうですよ^^


そして、東照宮(徳川家康)と大国主様も、合祀されているそうです。

ここにも家康さんがいらっしゃったとは!








こちらは浅草神社の裏手にあります、被官稲荷社。

たくさんの人で賑わう表とは、うってかわって

人気も少なく、ひっそりと静かな場所です。

地元の方々が、よくこちらに手を合わせていらっしゃる姿を

お見かけします。
























遊びにきてくださりありがとうございます*
ポチっとしてくださるとうれしいです^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ