<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 富屋珈琲店で、のりチーズプレスサンドセット | main | 4月のはじまりと、いちご甘酒シフォンサンド >>
お江戸結び 牛嶋神社






隅田川とスカイツリーのあいだに。

 








こちらの神社は、スカイツリーの氏神様にもなっております。


御祭神は

須佐之男命(すさのおのみこと)
天之穂日命(あめのほひのみこと)
貞辰親王命(さだときしんのうのみこと)



やはり「牛」がつくところは・・・ですね^^


どっしりと言いますか、須佐之男様らしい

間口の広い堂々とした雰囲気の、とても立派な神社です。


こちらの鳥居は、国内でもわずかな神社にしかない

三輪鳥居があります。

手前の鳥居のその奥、

社殿の前に建つ、三柱からなるめずらしいかたちをした鳥居です。

有名な神社では、奈良の大神神社です。


三輪鳥居はとても謎めいていて、どのような意味があるのか

その起源は謎につつまれております。


全国でも数少ないと言われていますが、そのひとつが静岡市の

みなさんがよく知る、え、ここってそうだったの?という場所にあります^^








こちらは隣に鎮座する、小梅稲荷神社。








手を合わせたとたん、木々がざぁぁぁっと、荒々しく吹き荒れることがあります。

とくに龍神様がいらっしゃるところや、

スサノオ様がいらっしゃるところに、多いような気がしています。


お友達と参拝したりしても、二人で顔を見合わせて、

スサノオ様のところすごかったね、みたいなかんじになります。


一転して、たいていどこの神社にも

そのお隣に基本セットで鎮座するお稲荷様は

とっても物静かです。

微かに、そよ〜〜と風が吹くか、もしくは無風。


気性の荒い旦那と、穏やかに寄り添いながらも我関せずな妻

そんなことを思ったら叱られてしまうでしょうか^^(笑)








撫で牛もいらっしゃいました〜








こちらの神社へは、

いつもこの下町を守ってくださっていることへの感謝と

スカイツリーさんへの感謝も伝えるために参りました。


レイライン上に建てられた、スカイツリーさん。

諸説ありますが・・・

スカイツリーさんはスカイツリーさんの

お役目を務めてくださっているだけなのですよね。

ただただ、感謝を送るのみです。



このあたりも含め、下町と呼ばれる一帯は

古くからの木造家屋がひしめきあい

大きな川も多く、そのうえ海抜もかなり低い・・・

有事の際には、かなり気になる場所でもあります。


この地をお守りくださっている神々様や

お守りくださっている視えない存在たち

この地を大切にされてきた皆様

そして今、この地に住まわれている皆様に感謝します。


*
*
*


鳥居越しにスカイツリーを眺めながら

「過去」と「未来」が同時に存在する、

まるで陰陽をわかりやすく具現化したような

そんな景色だな〜なんて思いました。


この場所(神社=過去)から見上げれば

スカイツリーの存在(未来)に違和感を感じ

スカイツリー(未来)から見下ろせば

この神社の存在(過去)に違和感を感じるのかもしれません。


では、「現在」はどこに?

ちょっとなぞなぞみたいでしょうか^^

というか

この人なにいってるの・・・?

というかんじですよね〜〜〜〜^^;




表は裏でもあり、その逆も然り。

そんなことにも、つながってくるのかもしれませんね^^





遊びにきてくださりありがとうございます*
ポチっとしてくださるとうれしいです^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ