<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おしるこの二次元妄想パーティーナイト 5月号 第一夜 | main | 6月のはじまりと、レモンシロップ >>
おしるこの二次元妄想パーティーナイト 5月号 第二夜






 



そばで見ていたい

楽しそうに笑ってるおまえ


「初恋ダブルエッジ」7巻





「おれも謡が好きだよ」


ラブラブだけど、

まだまだ波乱たっぷりです。





**感想**


とのさんが無自覚女殺しすぎてつらい(超褒め言葉)



もうあんな大人イケメンがじょしこーせー(彼女)の肩に頭ぽてっとして

上目遣いで

「ときどきでいいので構ってください おれのこと」

とか普段そーいうことしないキャラなのもあいまってとんでもない破壊力だっつーの!




そして小田原先生の


まるで読者がとのさんにされているような錯覚を起こさせるカメラアングルの配慮(ヒロイン視点)


心より御礼申し上げます(涙)

(※このページでアラフォーはしばらくフリーズしました)



そして姉以外を女として意識してない弟の

姉以外の女子に対する無自覚女殺しっぷり、末恐ろしい


※今やとのさんを超えるいきおい



今回も糖分たっぷりでしあわせでした(*^^*)




【コミックス】

初恋ダブルエッジ 全巻セット

 


【試し読み】












舞台はスコットランドへ

向かうは吸血鬼の本山 「狼の根城」


「黒伯爵は星を愛でる」8巻








語られるウィンターソン家と吸血鬼の因縁とは・・・?

そして待ち受けるハイランド吸血鬼・・・

想い合うが故の・・・


夫婦の危機!?




**感想**


「婚約は解消しよう」


お互いがお互いを愛しすぎるくらい愛しているがゆえ

いろいろこじらせながらもようやく想いが通じ合った二人なのに

まさかレオンの口からこんな言葉が出てしまうなんて・・・

もうね、おしるこエスターはね、

背後からでも横からでもない、真正面からシュパン!と、ひと想いに胸を貫かれたような

そんな衝撃でした。。。(涙)

たぶん心臓が止まったと思います


現代の医学では解明できないレベルで



ただね、言葉だけ聞くと、それはもう鋭いナイフのようなのですが

そのあとに見せたレオンの顔が、もうほんとうに苦しそうで辛そうで・・・


なんて顔するのよぉぉぉぉ。゚(゚´Д`゚)゚。


と、おしるこエスターはたまらなくなったのでした。。。


レオンは基本、いつもよゆうたっぷりなので、よけいにグッとくるものがありましたよね。

音先生の描画力の素晴らしさにほんと感動なのです(*´∇`*)


そんなレオンを引き止めて、エスターが放った言葉が


「わかりました 婚約は解消でかまいません」



おぉぉぉぉぉぉエスタぁぁぁぁぁ(両手で顔を覆うおしるこエスター)




「でも」


ピクッ(;△;) ←「でも」にすかさず反応



「それでも私はついて行きます」



えっ(;△;)



「たとえばこんな人ごみの中でも」

「私ならあなたに近づく吸血鬼に気付くことができます」

「あなたを危険から遠ざけることができます」

「あなたが心配なんです」

「守りたいんです」



涙をぽろぽろ溢しながらも、レオンを真っ直ぐに見つめて


「あなたのことが」


「好きなんです」





わぁぁぁぁぁぁぁぁ。゚(゚´Д`゚)゚。



なんという浄化力!

たったワンショットなのに浄化力がハンパないんだ!

エスターのピュアさ、素直さに、感動です!(涙)

そりゃレオンも思わずスカーフでエスターの頭を包み隠してキスするってもんです!

おしるこエスターにも言ってやりたい!


どんな状況であっても素直であれぇ!(どこまでも三四郎推し)




そしてレオンの過去である、あの「クリスマスの夜」の出来事を

レオンが自分の口で話してくれて、わたしはそれがとてもうれしかったのだけど

レオンが背負ってきたものに、もうたまらなく胸が苦しくなりました。。。(涙)

子どもの頃はあんなに天使だったのに・・・!(涙)
(そしてクリス様ともあんなに仲良しだったのに・・・)

そして、そんなレオンを救ってくれたのが

生きる希望を与えてくれたのが

あの頃のエスター一家だったのですよね〜〜〜

そのときのエピソードは以前描かれていましたが

こうしてクリスマスの夜の惨劇を知った上で、そのシーンにたどり着くと

レオンにとってエスターは、まさに闇夜を照らす星(エスター)そのものだったのだなぁと。


そして、いま書いてて気づいたのですが、

レオンのおうちのクリスマスツリーは燃えてしまったけれど

かわりにエスターという、ベツレヘムの星(ツリーのてっぺんにある星)が

レオンを照らしてくれたのですよね(*^^*)




裏で糸をひく黒幕の存在・・・

それはクリス様なのか・・・それとも、クリス様すら欺く者なのか・・・

この物語の闇の部分、

レオンとエスターのラブストーリーに隠れて

これまで表に出されていなかった物語の根幹へと、入っていく予感。

いえ、もっと前から

スコットランド行きの列車に乗った時点で、すでにそのベルは鳴っていたのだ・・・


そんな中でも、あいかわらず衣装や景色もとっても素敵で

そしてますます愛と絆が深まっていく二人の微笑ましいやりとり(イチャイチャ)に

とってもしあわせな気持ちになりましたハートほっこりハート


そしてついに!エスターのパパ(吸血鬼)が登場!!

そしてラストでは


もう退場!?(そんな!)


そしてそのあとのおまけマンガ、パパッキー(パパのクッキー)エピソードに


大爆笑!!


せめて冥土の土産に


パパッキー食べたげて・・・!!(涙)





【コミックス】

黒伯爵は星を愛でる 全巻セット

 


【試し読み】












本当はずっと

ただの幼なじみなんかじゃ

足りなかった。


「てをつなごうよ」3巻



**感想**


大豆くんが寺田心くんレベルの天才子役といいますか(子役!?)


大豆くんというのは、ヒロイン小豆の弟(小1)のことなんですけれども

「春僕」の神ポジションが恭介ならば

「てをつな」の神ポジションはまさにこの

大豆くん

ではないでしょうか。


もうとにかく天使のような可愛さ、というかもはや天使なのですが

たぶんこの世界は大豆くんの掌の上でまわってます。


この物語は、とある団地で暮らすヒロイン小豆と

そのお隣さんであり、赤ちゃんの頃からの幼なじみである千花ちゃん(ヒーロー1&チャラ系モテ属性)と

これまた千花ちゃんとは反対側のお隣さんに引っ越してきた柊くん(ヒーロー2&周囲がザワつく系モテ属性)という


設定だけで即買いしてしまう

おしるこさんが大好きなやつなんですけれども




まずはなんといっても千花ちゃんですよ。

いやぁもう千花ちゃん。千花ちゃんなんだ。

だってさぁ、千花ちゃんなんて小豆への想いを抑えるために


中3の頃からセフレつくってるんだぜ!(涙)←しかも相手高3


どうよ・・・コレ・・・(涙)

中3からそんな心荒ませてどうするのよ・・・(涙)


でもね・・・


セフレ(高3)「告白しちゃえばいいじゃんって思うけどねー」

千花(中3)「そんな博打うつ気ねーよ」

千花(中3)「恋愛関係なんてうまくいこうがいかなかろうが」

千花(中3)「いつかどっかで終わるだろ」

千花(中3)「それなら一生幼なじみのままの方がまし」

千花(中3)「あいつと一緒にいられるなら形なんてなんだっていいんだよ」




千花ちゃぁぁぁぁん涙

(※ちなみにセフレといろいろした後に服(学ラン)を着ながらの会話)




嗚呼、どうしてこじらせてる幼なじみって

こーいう業を背負ってしまうのか・・・

ほんと愛おしい生き物です(涙)




自分(千花ちゃん)の気持ちにすら気づかない鈍い小豆が

誰かに恋をすることなんてあるわけがない・・・

そんな幼い頃からの確かな予感が

想いを伝えることを封印した千花ちゃんの

唯一の救いでもあったのです。

そしてそこへ


柊んくんの登場ですよ



この柊くんがまた千花ちゃんとは対照的でして


まったく荒んでないのよ(涙)


もう超がつくほどピュア!

ちょっと乱暴な言い方をしてしまうと


バカみたいに素直なんです(涙)


そして



美  少  年(ババーン!)


そして




黒 髪(ババババーン!!!!)





もう存在してるだけで浄化されていくような

空気清浄機みたいな男の子なんです。


もうこの柊くんが可愛くて可愛くて。。。(涙)


例に漏れず、

赤ちゃんの頃から一番近くにいる男の子の気持ちにまったく気づかない程度には

鈍感ヒロインな小豆なんですけれども

ここへきてついに、自分の柊くんに対する感情が


「恋」


だということに気づいてしまうのです。


そしてね、もうそんな鈍感な女の子が、初めて恋しちゃったわけですから

もうついつい意識してしまって、ギクシャクしてしまうわけですよ。

そんな小豆に


「・・・小豆さん 何か今日変ですよね」

「朝からずっと距離遠いし 1回もこっち見ないし」



「・・・気のせいである」「気のせいじゃない」←かぶせ気味


「こっち見てください」


それでも柊くんを避けてしまう小豆・・・

そんな小豆に柊くん、どうしたと思います?

小豆を追いかけてって、手を差し出して


「手 つなぎたいです」


「俺 いま小豆さんのせいで悲しんでるので」



「半分こしてください」




ボンっ!!!!!!!!!!(おしるこのスカウターが破壊された音)





こんな可愛いアピール、ある!?


もう柊くんの可愛さにダメだこりゃって思いましたよ!

しかもこれが行われてるのがふたりっきりの図書室っていうね!

アラフォー主婦は高校生の二人きりで図書室当番シチュに憧れまくりですよ!
(おまえがダメだこりゃだよ!)


もうこのときばかりはさすがの低体温ヒロイン小豆も

今までにないデレを見せましたよね。

そして避けられてるわけじゃないとわかったときの

柊くんの赤面笑顔がかわいくてかわいくて・・・

もうねぇ、

ほんと毎回毎回おんなじことばっかり叫んでてどうなのっていうのはあるんですけれどもこれね


言わざるを得ないのよ(二日ぶり二度目)



初デートのときの

本人はよかれと思って一生けんめいプラン練ってきたけどいろいろから回ってしまう柊くんとか(けれど無自覚に甘いこともできる)

弟(クソ生意気ツンデレ可愛い)のために初ケーキを焼いているときのデコだしちょんまげヘアー柊くんとか


「心臓のとこが ぎゅって」の柊くんとか


もうなんて言ったらいいんだろ

フィギュアスケートでたとえるなら

全てのエレメントにおいて最高難易度レベル4たたきだすくらい


全ての柊くんにおいて可愛さが最高レベルなんです



つまりもっとわかりやすく言うなら、柊くんは


少女マンガ界の羽生結弦くんなんだ(ぜんぜんわかりやすくない)



みなさんご存知、ヒーローも好き、かませも好き、

どちらとも付き合う世界線を同時に生きたい尻軽ヒロインで有名なわたしですが

この「てをつな」に関してはわたくし


尻軽ヒロインになってません


つまりわたしは


柊くんが好き(ドドン!)





いやぁたいていこーいう構図の場合、幼なじみにいくことが多いおしるこさんなのですが

柊くんのあまりの可愛さに負けました。


ただ、補足させていただくと

わたしは千花ちゃんも応援はしたい!


もうね、千花ちゃんの想いが切なくて切なくて・・・(涙)

基本、かませキャラを好きになってしまうことが多いおしるこさんなので

どうしても千花ちゃんはほっとけません(涙)


千花ちゃんを「かませ」認定してしまうのはちょっと申し訳ないのですが
(存在としてとても大きいので)

でも、自らピエロ役をかって出てしまうあたり

自らかませと認めてしまっているとも言えるわけで。。。(悲)


千花ちゃんは両親が離婚しているのもあって、どこかで


「恋愛関係なんてうまくいこうがいかなかろうがいつかどっかで・・・」


と悟っているようなところがあって

けれど、別の言い方をすれば

それを言い訳に逃げてきた・・・



本当はずっと

ただの幼なじみなんかじゃ

足りなかった

もっと近づきたい

あいつに触れたい

欲なんていいだしたらキリがなくて

そう言って

目を背けていたのは

願ったって

欲しいものは手に入らないって

知っていたから




また失うのが


怖かったから



柊くんみたいに

俺はなれないけど



「・・・もう 俺」

「逃げないって決めたから」


「覚悟しといて」





千花兄ぃちゃん・・・!!(涙)



小豆の手を握って笑った千花ちゃんがもう泣けた〜〜〜(涙)

もうね、いろいろ押さえ込んで自ら業を背負ってしまってた

悟り仙人のような千花ちゃんじゃないんです!

ただただ、目の前の愛おしい女の子に

大好きだよって伝える男の子の笑顔なんです!


もうね、いろんな憑き物が落ちたかのような子どもみたいな笑顔なんです。

もうね、言葉にしなくてもとめどなく溢れてるんですよ


大好きだよ小豆


が!


もお〜〜〜こんな千花ちゃん見せられたらなるしかないじゃないですか!


柊くんと千花ちゃんどちらとも付き合う世界線を同時に生きる

おしるこ小豆にさ!
(結局ですやん)



それと、あらためて思ったのですが、

わたしは低体温ヒロインにはあんまりブヒらないのかもしれません。

いや、小豆はバチボコ可愛いんですよ。

とくに3巻とか、新たな小豆の魅力満載で、ほんとかわいいなぁと思うのですが

こう、魂をぐわっともっていかれるような

よくわかんないけどとにかくかわいい!

っていうかわいいを「右脳的かわいい」だとすると

うんうん、かわいい、こーいうコはたしかにかわいいのだよ

とどこか冷静に判断している「左脳的かわいい」なんですよね。小豆は。(持論)



といっても、これまで唯一、ブヒブヒした低体温ヒロインはいるのです。

今は亡き、藤原ここあ先生の遺作ともなった

「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の魔法少女ヒロイン、


白夜ちゃんです。


白夜ちゃんはかなりの低体温ヒロインでしたが

ただね、


とてもエロかったのよ。゚(゚´Д`゚)゚。



低体温ヒロインには魂からブヒれないと言いつつもエロければブヒれるということは

つまりわたしがブヒるヒロインの条件は


なにはともあれエロであれぇ!


ということが証明されてしまった!

いやぁこうして書いてみるまで自分でもぜんぜん気づきませんでしたわ。

書くって大事。



たしかに今回の二次パ(二次元妄想パーティーナイトの略。今決めた)記事だって

読み返してみるとかわいいかわいい言ってるのは全部


エロい女ばかりですよ!(言い方)


つまりあれですね



さいてーなおばさんですね





ちょっと感想書きすぎましたが、8文字でまとめると


てをつなだいすき(´p`)




【コミックス】

てをつなごうよ  全巻セット

 


【試し読み】



おしるこ小豆って・・・もはやただの和スイーツ・・・









メインカラーイラスト完全収録!

描きおろし2本立て!

オレ嫁。の全てがわかる

ファンブック + 原画集 =
超豪華メモリアルBOOK!!





**感想**


ひぃぃぃぃぃぃ

前くんとひなたのウェディング姿・・・

かわいぃぃぃぃぃぃぃぃ(涙)



だが最終巻が出るまでは読まないと決めている!




【コミックス】

オレ嫁。〜オレの嫁になれよ〜公式ファンブック

 


【試し読み】












宿命的 大反響!!!!

「チョコレート・ヴァンパイア」2巻





 「これ以上俺と千代に踏み入るなら 俺 本気で怒るからね」


LOVE&アクション&ミステリー、

全てが高次元!の新機軸ヴァンパイアストーリー!





**感想**


ヴァンパイアものは大好きなのさ!


くまがい杏子先生の新連載です!

小学校高学年から高校生ぐらいまでを対象とするSho-comiを

絶大的に支持するアラフォーとしましては

「片翼のラビリンス」の時から気になっていたのですが

今回満を持して初くまきょー先生です
o(^o^)o


ヴァンパイアの雪(ヒーロー)と、

ヴァンパイアに両親を殺された千代(ヒロイン)の幼なじみラブなのですが

まずはこれが言いたい!


赤面トロ顔がとても素晴らしい


もうさすがSho-comiでご活躍されてる先生ですよね。

赤面トロ顔が絶品です!


Sho-comiといえば赤面トロ顔

赤面トロ顔といえばSho-comi



小学校高学年から高校生ぐらいまでのお友達はどうかわからないのですが

小学校高学年から高校生ぐらいまでを対象とするSho-comiを
絶大的に支持するアラフォー読者としましては



Sho-comi=赤面トロ顔1点買い!

みたいなところがありますよね!




ヒロイン千代は、普段はクールかつ、野蛮?

うーん、野蛮ていうんじゃないんだけど、こーいうかんじ、なんて言うんだろ?おてんば?

雪に対して「くそがぁぁぁぁぁ」と叫びながら銃をバンバン撃っちゃったりしちゃうのだけど

こう、ふとした時に出てしまう


赤面トロ顔のギャップがもう最高でね


そして余裕かまして攻め攻めしておきながらそのふいうちトロ顔にやられて大赤面してしまう雪がまた


最高なんだ


ヴァンパイアものなので、雪が千代の血を吸うシーンも見所なのですが

雪は毎回いろいろな吸血シチュを披露してくれまして、そんなところもとても素晴らしいのですが

中でも今回、こんな構図もあるのか!と惚れ惚れしたシーンがありまして。


最初はベッドの上で雪が上になって吸血してるんですけれども

千代が身体を起こして逃げようとするんです。

ですがそんな千代をうしろから優しく抱きしめて・・・


「ごめんね(はぁと)」←この余裕!


そうしたら千代はどうなると思いますか?

そう、ベッドの上に、へなへなペタン。。。ですよ!

そして、千代の後ろから腰に手をまわし、腰を支えつつの

中腰の状態で千代の首筋に横からカプッ・・・


って、この説明ぜんぜん伝わらないな!(絶望)


とにかくこのシーンがほんとうに素晴らしくて

たったワンショットなのですが、とんでもない破壊力でした!

なんという美しい萌え!


美萌えですよ!


また千代がいーい赤面トロ顔を披露してくださって(涙)

こうね、若干抵抗を残しつつの赤面トロ顔なんですよねぇ。。。



そして終始千代の胸ばかり見てしまうおしるこあるある(ダメだこりゃ)




【コミックス】

チョコレート・ヴァンパイア  全巻セット

 


【試し読み】









【あとがき】


ひさしぶりの二次元妄想パーティーナイト

いかがでしたでしょうか(*´∇`*)


終わってみればなんだかエロイン(エロいヒロイン)のことばかり

熱く語ってしまった感もありますが・・・


冒頭で、

人はいくつになっても成長できるということをみなさまにお見せしたい!

と声高々に宣言したのですけれども


まったく成長してないですね


まったく成長はできていませんが

とりあえずバチボコ元気には生きています(〃'∇'〃)ゝ



そしてですね、今、

来月の発売予定を手帳に書き込みながらこの記事をアップしているのですが(月末のとびきり至福タイム)

Sho-comiのHPをチェックしていたところ・・・








なん・・・だと・・・




しかも


幼なじみ三角関係ありがとうございます!(涙)


ここのところ、お気に入りの先生たちの新連載が

きまって幼なじみもの三角関係ものでして

少女マンガ界は幼なじみブーム三角関係ブームの勢いが衰えないどころか


ちょっとした渋滞が起こってるかんじもあるのですけれども


うちの旦那さんとかには、

おんなじのばっかで飽きないの?

って言われたりもするのですが、だがわたしはあえて言いたい。


飽きないし、飽きるとか飽きないとかそーいう次元ではない。

大好きなテンプレがあったらその中身(キャラ)だけ変えて

無限にハァハァできるのが少女マンガなんだ!


そこにはとんでもなく壮大な輪廻転生の大宇宙が広がってるんだよ!

(あくまで個人の考え)




ちょっとだけ試し読みができたので、読ませていただいたのですが

男の子二人のうち、一人が中身もイケてるかんじのイケメン。

そしてもう一人が、眼鏡の地味メン。でもこれは眼鏡外すと



ぜったいイケメンのパターンやで!!


いや、もうそりゃそうなんです。

少女マンガの三角関係で、一人がイケメン、もう一人がブサメンなんてマンガは

まぁ〜〜〜ないですよ。

一人がイケメンなら、もう一人は



眼鏡でイケメンを隠したイケメンなんだ!



イケてるイケメンのほうは、

わたしが大好きなオレ嫁。の新を彷彿とさせるヴィジュアルなので

ふつうにいくと、イケてるイケメン推しになる気がするのですが、ただね



地味メン眼鏡がすごく気になっているわたしがいる


なんかね、この数ページの試し読みだけでも秘めたるポテンシャルがすごいんです。

もう眼鏡外したときのギャップに


ぶひぃぃぃぃぃと叫んでる己の醜態しか目に浮かばないんだ!


しかもなんてったって佐野男子ですから。

ぜったい良いに決まってるんです ブヒo(^^o)(o^^)oブヒ


はぁすっごく楽しみ( ´(00)`)



こちらから少しだけ試し読みできます^^→



そしてそして!マーガレットでは・・・







\(^O^)/



ありがとうございますありがとうございます(涙)

ようやくわたしの花野ロスが解消される。。。(涙)


こっちもイケメンと眼鏡メン・・・

こりゃ尻軽確定だな・・・




それでは今夜もそろそろお時間です♪

こんな記事に最後までお付き合いくださったみなさま

ほんとうにありがとうございました(*^^*)

お相手は

「ルームメイト」が更新されたらお知らせしてくれるアプリを入れてるおばさんこと、

おしるこ姉やんでした^^

来月も素敵なマンガライフを♪



ブヒィィィィィィィィィィィィ(^O^)/




すべてのマンガ家さまと出版社さまに、感謝をこめて・・・ハート





遊びにきてくださりありがとうございます*
ポチっとしてくださるとうれしいです^^
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
おしるこ*さん、こんばんは〜☆

久しぶりの漫画記事だね!!
相変わらずのおしるこ*ワールド全開!!に
にんまりしながら読んだヨ〜♪
また新しい漫画も増えてるみたいだし...。

そして、謎の?アニメ「ルームメイト」
どんなアニメなのか気になる〜!!
shimacky | 2017/06/01 23:28
しまっきーさん、こんばんは〜(*^^*)

ひさびさに書いてみました〜〜♪

にんまり読んでもらえて

うれしいです〜〜^^

ありがとうございます(*´∇`*)


ルームメイト、記事にのせたようなかんじのアニメですが(笑)
よかったら観てみてね〜〜♪♪
おしるこ | 2017/06/02 20:15
COMMENT