<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 月と暮らす その 《 月の光と、その秘密 》 | main | 月と暮らす その 《 新月に願い事をするときは 》 >>
月と暮らす その 《 月のリズム 》






 



 





月は、約1ヵ月(29.5日)かけて

すこしずつ姿かたちを変えながら(見え方が変わるだけで月自体のかたちは変わりませんが^^;)

地球のまわりを一周します。

これが、月のサイクルです。


そしてこの一周のあいだに


新月

三日月

上弦の月

十三夜月

満月

十六夜月

下弦の月

鎮静の月



と、おおまかに8つのリズム(満ち欠け)を刻んでいきます。


それぞれの月には特性があり

わたしたちに降り注がれるエネルギーも変わってきます。

その特性を知ることは

わたしたちの健やかな暮らしへのヒントにも繋がることと思います^^


それでは、それぞれの月の特性と、

それに合わせた過ごし方をご紹介したいと思います♪






画像お借りしました^^



《新月》

月のサイクルのはじまりの日。

【太陽→月→地球】が一直線に並び

月の真裏から太陽が月を照らしているため

地球からはその姿が、唯一、見えない日です。

見えないので、月の存在を忘れがちですが

実は月光力(テラヘルツ波)は、満月の日よりも

100倍以上出ていることがわかったそうです。


《過ごし方》

そんなお月さまのエネルギーが一番強い新月の日は、

願い事をしたり、新たなチャレンジ新たなことをスタートさせるのにぴったりの日とされています。

元旦が一年のはじまりならば、新月は一ヶ月のはじまり。

新年の抱負をかかげるように、一ヶ月の抱負や目標を立てれば

メリハリのある、充実した一ヶ月になることと思います^^


また、新月は「浄化」「排出」のエネルギーが、一番強い日でもあります。

デトックスの作用を高めてくれるので

半身浴運動で汗をかいたり

食物繊維抱負な食べ物や、解毒作用のあるハーブティーを飲んだりするのも

良いそうです^^


そして、身体の浄化だけではなく、心の浄化も高めてくれるので

一ヶ月のあいだに溜まった心の垢を、綺麗すっきり!洗い流して

また新たな気持ちでスタートを切りたいですね^^




《三日月》

新月のあと、二日経つと、細い弓のような三日月が見え始めます。

新月にはじめたこと(蒔いた種)が、静かに育ち始める時期


《過ごし方》

三日坊主という言葉があるように、何かを始めて一番最初にやってくる挫折の時です(笑)

でも、目に見える変化はなくても、基礎を築いている大切な期間

草花が春に花を咲かせるため、冬の土の中で準備しているように

すこしずつでも前に進みましょう^^


新月は最強のデトックス日ですが、

その後の三日月から満月にかけては

今度は逆に、吸収の期間にはいります。

溜め込んでいく時期

良くも悪くも吸収力が高まるので、食事のバランスに気をつけて。

太りやすい時期でもあるので、甘いものにも気をつけたいところです^^;


嫌なことや、イライラすることは溜め込まず

上手に流していきたいですね^^




《上弦の月》

満月までの中間地点にあたる日です。

満月に向けて、様々なことが満ちていく時

エネルギーがチャージされていっている状態。


《過ごし方》

新月に蒔いた種が成長している時です。

花を咲かせるため、どんどん行動に移していくと、

相乗効果で、よりパワーアップできます。


また、満ちていく時期のため、食欲が増します。

パワフルに動いていく期間なので、心も身体もエネルギーを欲します。

しっかり栄養も摂りながら、食べ過ぎには注意したいですね^^

水分の摂り過ぎは、むくみにつながりやすくなります。


心の栄養補給も必要です。

少女マンガをいっぱい読みましょう♪




《十三夜月》

満月のすこし前の、ほぼ真ん丸の月です。

新月から始めたこと、立てた目標が、かたちになり始める時期

蒔いた種が、ふっくらとになった状態。


《過ごし方》

満月の成就の時に向けて、行動に移す最後のチャンスラストスパートです。

満月間近の満ちていくエネルギーが強いので

ベランダで月光浴をしたり、夜のお散歩に出かけてみるのもおすすめです♪


また、満月が近いため、魔が差す一面も顔を覗かせ始めます。

新月から行動してきたことに、迷いや不安が生じることも。

そんなときは、振り返り、この道で合っているのか、

今一度自分の胸に問いかけてみることを、心が求めています。

行動的になれる時期だからこそ、道を間違えないようにしたいですね^^




《満月》

新月のときには【太陽→月→地球】と並んでいた月が

ぐるりと半周して

今度は【太陽→地球→月】の位置になります。

太陽の光に照らされた真ん丸のお月さまが

夜空を一晩中照らしてくれます。

新月から始めたこと、立てた目標が成就する時期


《過ごし方》

いったん足を止め、

達成できたこと、できなかったこと、自分の現在地を見つめてみましょう^^


月のエネルギーが強まる日です。

新月のエネルギーとは、また違う性質をもっています。


新月は、見えません。

無。

ゆえに、何も無いところから何かを始めたり、

目標を立てたりなど、

新しいものを生み出すエネルギー。


満月は、まんまる。

ゆえに、太極図のように、陰陽が合わさった完成を意味します。







陰のエネルギーも陽のエネルギーも、どちらも極まった状態なので

選択次第で、良いことも悪いことも増幅される時期。

心も天秤のように、プラスにもマイナスにも傾きやすくなります。

満月の光には、内側に溜め込んだ闇までも、すべてを照らし出す力があります。

それが、狼男の伝説や、犯罪が増えたり、魔が差したり...

と言い伝えられてきた由縁なのかもしれません。


それならば、楽しく、ウキウキするような一日にするのが得策♪

というわけで、極甘の温泉(マンガ)に浸かりましょう^^


衝動的にもなりやすいので、冷静な判断を心がけたい時期。

何か重要なことを決めたり、別れ話や、ケンカになりそうなことは

避けるのがベターとされています。

逆に、愛が伴うことは、その愛が増大されますハート

満月の日は、鎮静効果のあるハーブティーなどもおすすめです♪



満月を境に、今度は新月へ向けて、浄化・排出の期間に入っていきます。

新月 →(吸収・増加・満ちる)→ 満月 →(浄化・排出・禊ぎ)→ 新月

というかんじです^^

新月から満月にかけては、どうしても吸収していく期間なので

ダイエットには不向きですが

満月から新月にかけては、排出の期間になりますので

ダイエットをはじめるなら、満月からが効果的となります♪




《十六夜月》

満月を境に、満ちていった側とは逆側が欠けていきます。

それと同時に、心と身体も、不要なものは手放していく時期に入っていきます。

活動期から、休息期へ


《過ごし方》

新月から満月までの吸収の期間に、得たもの、成就したものの中から

さらに発展させていきたいものと、すっぱり手放すものを、吟味(仕訳)してみましょう♪

あれもやりたい、これもやりたい....

けれど、すべてを抱え込んだままでは、容量オーバーになって

逆に自分自身がつらくなってしまうのが、満月あとからのこの時期です。

優先順位をつけると、大切なこと、必要なものが、見えやすくなります^^


また、整理整頓・手放していく時期に入るので、

活動期のように行動するよりも、おうちでゆっくり過ごす時間を増やしていく

余計なものを増やさずにすみます。

活動期で吸収したものを、今度はじっくり育てていく時期になります^^


次の新月までは、多少食べ過ぎても太りにくいと考えられています。




《下弦の月》

十六夜からさらに欠けて、半月になる頃。

本格的な排出浄化の時期

イメージしたことが具現化されやすい魔法の一週間


《過ごし方》

休息期に入っているので、人付き合いも自然と減るかもしれませんが

そういう時期だと思って過ごしましょう^^

人と付き合うよりも、ゆったりした気持ちで自分自身と向き合っていくのに

向いている時期です。

無理にスケジュールを詰め込むと、心と身体に負担がかかることも。

新月からこれまでのことを、ゆっくり振り返ってみましょう♪

また、勉強など、集中するのにも良い時期とされています。



この下弦の月から新月までの一週間は

イメージしたことが具現化しやすい、魔法の一週間です

新月から満月を経て、今現在の自分の内面や想いが、

良くも悪くも、目の前のことに反射されやすい時期です。


わたしたちには、本来、

イメージしたことを瞬時に具現化する能力が秘められていますが

月が存在することで、時間がかかる仕組みになっています。(月と時間、人間の秘密)


目の前に起こる出来事は、自分の意識の影だと知っていれば

対応することもでき、トラブルも少なくすみます^^


良いイメージ、良い想いも具現化されやすい時期。

一番具現化されやすいのは、感謝の気持ちです。

家族や恋人、友達や職場の仲間に、日頃の感謝を伝えると

自分も幸せになれます^^

神社へのお参りや、ご先祖様へのお墓参りにも向いています。




《鎮静の月(欠けゆく三日月)》

新月前の2,3日間で、銀色の細い三日月。

肉眼ではほとんど見えないため、暗月期とも呼ばれます。

浄化・排出が極まっていく時期

引き続き、イメージしたことが具現化されやすい魔法の一週間


《過ごし方》

この1ヵ月を浄化する最後の期間

新月から数えて30日目は「三十日(みそか)」とも呼ばれ

これが「大晦日」の由来にもなっているようです^^

まさに「大掃除」にぴったりの期間。

人間関係や断捨離、進むべき道など、

最後の思い切った決断にも、向いている時期とされています。


また、浄化と同時に、次の1ヶ月への準備も始まる時期です。

魔法週間なので、ここでイメージしたこと、心の状態が、

良くも悪くも次の1ヶ月へと影響してきます

夜空に月が見えなくなるように、

自分の心の宇宙にも、見えない種まきが始まっています。


気持ちの良い新月を迎えるためにも、

あまり悩みすぎず、落ち込みすぎず、希望をもって向き合っていきたいですね^^

というわけで、極甘温泉(マンガ)に浸かりましょう♪






いろいろ書いてみましたが、あまり気にしなくてだいじょうぶです^^(元も子もない結論)

気にしすぎて囚われすぎてしまうのもまた、本来の自分でなくなってしまいます。


そして一番重要なこと、それは...


わたしは専門家でもなんでもなく、ただただ好きで書いている、


ただただマンガが好きな主婦だということ!



なんだかイライラしたり、よくわからないけど不安になったりした時に

もしかしたらそういう時期なのかも・・・と、健やかに過ごすヒントになれば幸いです♪



そのへつづく





 





遊びにきてくださりありがとうございます*
ポチっとしてくださるとうれしいです^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ



 
COMMENT