<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月のプティカランさん | main | 東京さんぽ *** 築地でサーモンいくら丼と、波除神社 >>
3月の夢蔵さん




 



ぽかぽか陽気の週末。

夢蔵さんへランチに出かけました♪


この日は、プレートランチを初注文。

和風ハンバーグ、チキンソテー、真鯛のポワレ、キッシュが

なんとワンプレートにのっちゃいました!


そしてさらに、

サラダ or スープ

ライス or パン

プチデザートがついちゃうという

なんとも豪華なプレートランチです。


 
和風ハンバーグは夢蔵さんらしい優しい味。

真鯛のポワレは、サフランソース。

人生で何度目かの「サフラン」

いまだに実態がつかめないでいる。

キッシュも美味しい♪

チキンソテーもあいかわらず絶品ハート

かけられたバジルとガーリックのソースは

ガツン!とくるガーリックの中にも、どこかお上品さがあるのが夢蔵マジック。

ソースがすこしあまってしまったのでこりゃもったいないと綺麗にペロペロしてしまう程度には絶品(も、もちろんスプーンで)


そしてパンのバターをたっぷり(ココットなみなみに)添えてくださるので

しあわせと罪悪感を感じながらついついたくさん塗ってしまうんだ。








旦那さんは、黒板メニューの

かきのペペロンチーニを注文。


なんとなく王道の姿(ペペロンチーニの上にソテーされたかきがのっているシンプルなタイプ)

を想像していたら、

ひたひたのブイヨンベースに浸った野菜たっぷり(しかもカラフル)という

我々夫婦の想像を遥かに超えたかきのペペロンチーニが登場。


晴天の霹靂という言葉がぴったり。


ただ、このブイヨンのスープが、

もう野菜やらかきやらオリーブやらいろんな旨みがお出汁となってぎゅっと濃縮されていて

とっても美味ハート


やっぱりいろんな旨みが濃縮された汁というのは、

口にするだけで後頭部を鈍器で殴られたような衝撃が走る美味しさですね^^


そして主役であるはずのかきが、たっぷり野菜に埋もれてまったく見えないところに

シェフがこのパスタで一番伝えたいのはやっぱり「かき」ではないのだと確信したのであった。








プチデザートには、春らしい苺のタルトを選んでみました。

やっぱりどこか優しい。

苺タルトに癒されたひとときでしたハート


1/2ピースでもじゅうぶん満たされた。

この満足感はどこから来るのだろう?

不思議^^






遊びにきてくださりありがとうございます*
ポチっとしてくださるとうれしいです^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
 
COMMENT